企業・会社・店舗のロゴや、社名のシール、ノベルティや販促用グッズ等作成なら倉敷プリント

Attention入稿時の注意

データ作成時の注意点をまとめております。
入稿の際はこちらを読んで、ちゃんとデータが作成できているか確認をして入稿をお願いいたします。

1.入稿可能なデータ形式

入稿形式は、Adobe Illustrator(.ai) かAdobe Photoshop(.psd)でお願いします。

●Windows/Macはどちらでも問題ありません。
●PhotoshopElementsには対応しておりませんが、状況によって対応可能な場合もございますので入稿前にご相談下さい。
●その他のソフトで作成されたデータに関しては十分な検討が必要ですので、入稿前に必ずご相談下さい。

2.ファイル名に関して

ファイル名は半角英数字にしてください。
必ず拡張子(.aiなど)をつけてください。

●全角日本語のファイル名は文字化けしたり、転送中にデータが破損する危険性があります。
●拡張子がないとアプリケーションの判別が出来ないことがあります。

3.確認用見本データの添付

必ず出力見本画像データ(JPGまたはPDFに書き出したもの)を添付してください。

●出力紙を送付されても、校正として使用できかねますのでご了承ください。
●出力見本画像データは、画像や文字などの大きな抜け落ちがないかなど、印刷用のデータが最終状態のものであるかをおおまかに確認するためのものです。データの詳細な違い(文字の間違いなど)については確認できませんのでご了承ください。

4.仕上がりサイズについて

実際に印刷する(塗り足しを含めた)最終の仕上がりサイズでの入稿をお願いします。

●特にポスターなどの印刷の場合、チラシサイズのデータを送付いただいても印刷できませんのでご注意ください。
リサイズには別途費用が必要になります

5.Adobe Illustratorでのトンボの作成

仕上がりサイズにトンボ(トリムマーク)を付けてください(トンボは必ず表示させた状態での入稿をお願いします)。

●イラストレータCS2以上でもトンボ(トリムマーク)を作成していただく必要がございます。
トンボ(トリムマーク)の作成方法はイラストレータのバージョンによって異なりますが、長方形ツールで断裁位置に印刷サイズの長方形を作成し(塗り・線幅はなしに設定)メニューの「フィルタ」→「クリエイト」→「トリムマーク」で作成
長方形ツールで断裁位置に印刷サイズの長方形を作成し(塗り・線幅はなしに設定)メニューの「効果」→「トリムマーク」で作成
※バージョンごとの作成方法はマニュアル等でご確認ください。

6.Adobe Illustratorでの裁ち落とし(塗り足し作成)について

フチいっぱいまで画像などを印刷する場合は塗り足しの作成が必要です。

●ホームプリンターの「フチなし印刷」のように、背景の色や画像をフチまで印刷する(裁ち落としする)場合は、仕上がりより外、上下左右それぞれに3mmの塗り足し部分を付けてください。
この部分は断裁によって切り落とされます。

7.Adobe Photoshopでのトンボ・塗り足しについて

フォトショップの場合は、印刷仕上がりサイズに塗り足し部分(天地左右各3mm)を足したサイズでデータを作成してください。センター合わせで断裁します(塗り足し部分は切り落とされます)。

例)A4サイズ→297mm×210mmに対して、ヌリタシ4辺 3mmとして303mm×216mmでドキュメントサイズを設定してください。
【注意!】
上記の塗り足し分の設定を忘れているデータが非常に多いです。
デザインが完了したデータに、あとで塗り足しを作成するのは難しい場合が多いので
必ずデザインを始める前に、塗り足し部分を含めたサイズで設定してください

8.余白について

切れては困る文字や絵柄などを配置する場合は、仕上りよりも2mm以上内側に配置してデータを作成してください。

●仕上り線(断裁線)付近に配置すると、断裁のズレによって文字や絵柄が切れてしまう可能性がありますので、仕上がりから内側に多少余裕が必要になります。

9.Adobe Illustratorでの文字のアウトライン化

イラストレータで入稿される場合、フォントは、全てアウトライン化してください。

10.Adobe Photoshopでの画像の統合

フォトショップで入稿される場合、「画像を統合」し一つのレイヤーにしてください。

●複数のレイヤー(特に文字レイヤー)のまま入稿すると、誤って非表示になったレイヤーが印刷されなかったり、文字が化けたりするなどのトラブルの原因になる場合があります。入稿する最終データは必ず「画像を統合」して頂いたうえでご入稿ください。

11.カラーモードについて

入稿するデータは、イラストレータ・フォトショップともにすべてCMYK(黒1色印刷の場合はグレースケール)モードでの作成をお願いします。

●イラストレータにリンクまたは埋め込む画像についても、CMYKまたはグレースケールに変換したものをご使用ください。
●RGBモードのデータは、印刷の際に色味が大きく変わる可能性があるため必ずCMYKモードに変換して作成ください。

12.1色印刷のデータ作成について

1色印刷(グレースケール・特色)の場合は、必ず1色でデータを作成してください。

●一見モノクロに見えても、CMYのいずれかが混ざっていれば4色扱いになります。
例えばWEBで作成・コピーしたQRコードや地図などは、一見グレーに見えてもRGB複数の色が混ざったグレーである場合が多いので、注意が必要です。
●上記のような場合、グレースケールに変換してから使用してください。
●特色(スポットカラー)のデータ作成方法は、仕様などにより異なります。データ作成前に印刷担当までお問い合わせください。

13.リッチブラック

カラー設定にてC・M・Y・K濃度数値の合計が340%を超えるものは裏うつりやくっつきの原因ともなりますので、不備データとなります。

●デザイン上、濃度の高いブラック(リッチブラック)を使用する場合は、下記をご参照下さい。
C: 50+M: 40+Y: 30+K:100=220 →OK
C:100+M:100+Y:100+K:100=400 →NG
※C・M・Y・Kの数値合計が300%を超えるとインクが乾きにくくなり、裏うつりなど様々なトラブルの原因となります。

14.画像の埋め込み(Adobe Illustrator)

配置した画像は、全て埋め込みして頂いたほうが問題が発生しにくいです。

●画像を「リンク」で配置する場合、データ入稿の際には配置した画像が全て必要になります。
●画像のリンク切れを防止するために、レイアウト上でリンクされた(使用している)画像をすべてフォルダに入れてご入稿ください。
●埋め込み配置にしていただいている場合は、埋め込みされた画像のご入稿は必要ございません。

15.データの圧縮

データを送る際は、必要なデータを一つのフォルダにまとめて入れ、フォルダごと圧縮して送付ください。

●zip・sit形式でお願いします。

16.データチェック対象外の注意事項

以下の内容はデータ不備ではないため、データチェックにて確認させていただく対象にならずご入稿データ通りでの進行となりますのでご注意下さい。

(1)オーバープリントについて
イラストレータの「塗り(線)にオーバープリント」 という機能をオンにすることによってノセ(オーバープリント)になる機能がありますが、その結果意図しない仕上りになる場合がございますので、オーバープリントの設定は行わないようにお願いします。

(2)ブラックオーバープリント(スミノセ)について
弊社ではK100%の文字や図形などのベクトルデータに対してのみ、自動的にノセ(オーバープリント)の処理を致します。 その為、黒の下の色が均一であれば目立ちにくいのですが、黒の下の色が複数あり差が大きい場合に、下にある絵柄が透けた様に見えてしまうことがあります。
この現象を避けたい場合は、K100%の設定のみが自動的にノセ(オーバープリント)の処理になる特性を利用し、K100%にC・M・Yの色をいずれか1%でも混ぜます。それにより、ブラックオーバープリントの処理はされずにヌキ合わせの処理となります。

(3)極細線(ヘアライン)について
「線幅がゼロ(空欄)」のライン(罫線)のことをヘアラインと呼びます。画面やプリンタでは、ある程度の太さのある線として表現されますが、本機による印刷では、かすれたり消えてしまったりします。罫線には必ず線幅を設定してください。
また、線幅が「0.3pt」以下の設定の場合、ヘアラインと同様、かすれなどの原因となりますのでご了承下さい。

(4)イラストレーターの透明機能について
イラストレーターの透明機能を使用される場合、透明効果が消えてしまうなど、必ずしもイメージ通りにならない場合がございますのでご了承の上ご使用ください。
透明効果が消えてしまうのを防ぐには、イラストレーターでレイヤーを1つに統合していただくことをお勧めいたします。

Contactお問い合わせ

印刷に関するご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。
専門のスタッフがお客様に最適なご提案をさせていただきます。

086-441-7015
お問い合わせフォームはこちら